乳酸菌サプリ 便秘 効果

ひどい便秘には乳酸菌サプリがおすすめ

 

「乳酸菌は便秘には効かないよ!だって毎日ヨーグルト食べててもスゴイ便秘だもん!」などという声もよく聞かれます。ヨーグルトに限らず乳酸菌の多い食べ物をいっぱい食べても便秘が治らないことも多いのです。

 

ヨーグルトなどの食品に含まれている乳酸菌でももちろん整腸作用はあるのですが・・・、頑固な便秘を解消するほど乳酸菌の量が取れないのがヨーグルトなどで便秘が治らない原因です。それこそ、たっぷりと食べないといけないんです。

 

副作用もない安心な乳酸菌で便秘解消するなら、食べ物から食べきれないほどの乳酸菌を詰め込んだ「乳酸菌サプリ」がおすすめです。食品だけでは足りない乳酸菌を毎日たくさん摂ることができます。

便秘に効く乳酸菌サプリランキング

 

乳酸菌革命の特徴
腸内環境を整えるビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌などの乳酸菌を16種類も配合したサプリです。たった1日分で乳酸菌は1,000億個も摂取できます。
価格 2,730
評価 評価5
備考 送料無料
121種類の酵素と乳酸菌の特徴
121種類の植物発酵エキスにスマート乳酸菌(R)を配合した、香料・着色料・保存料など食品添加物は一切使用していない無添加サプリ。酵素で代謝アップ、乳酸菌で腸内環境を整えすっきりをサポートします。便秘がちでダイエットしたい方におすすめ。
価格 980
評価 評価4.5
備考 送料無料
植物生まれの酵素の特徴
有機野菜130種類を熟成発酵で作られた日本盛の酵素サプリ。生きたまま腸まで届く乳酸菌を1億個、酒粕由来の乳酸菌を10億個、合計で11億個の乳酸菌を配合しています。便秘解消に効果的なオリゴ糖、食物繊維も含まれています。ダイエットしたい方におすすめ。
価格 初回限定 1,512
評価 評価4
備考 送料無料

 

日本人は便秘に悩む人がとても多いといわれています。子供のころからずっと悩んでいる人や、社会人になってからがひどくなってしまった人など様々ではあると思いますが、日本人の腸の形は便秘になりやすいのです。

 

それに加えて、生活が便利になって歩いたり、動くことが減ったり、食生活が昔とは大きく変わってしまったこと、ストレスの多さなども便秘の人を増やしている原因と言われています。

 

善玉菌をどんどん増やそう!

善玉菌を増やして腸をきれいにすると、お通じがよくなるという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。では善玉菌をどのようにして増やしたらよいのか?ということですが善玉菌を増やしてくれる食品は以外と沢山あります。

 

チーズやヨーグルトなど私たちがよく食べる食品や、苦手な人も多いかもしれませんが納豆や奈良漬などの発酵食品です。これらの発酵食品に含まれる乳酸菌がお通じの改善に非常に役立つのです。

 

納豆や奈良漬などが嫌いな場合には、ヨーグルトが一番オススメできるかもしれません。種類が豊富なので食べ飽きることがなさそうですよね。しかし、ちゃんと便秘にも効果が出るほどの乳酸菌量を取ろうとするとカロリーが心配になってきます。

 

ヨーグルトのカロリーがやはり気になるというなら、低カロリーの乳酸菌の入ったドリンクや乳酸菌サプリメントも最近は沢山見かけます。こういったものを使用すると成果が上がりやすいですよ。毎日続けることで効果が現れるものですので、できるだけ自分にあった方法で長く続けたいですね。

 

便秘にも色々な原因がありますので、これだけで必ず改善するという訳にはいかないかもしれないですが、腸内の状態をよくすることはお通じの改善には必要不可欠ですので、便秘でお悩みのかたは乳酸菌の摂取を心がけてみてください。

 

根野菜などをたくさん食べていた昔と違い、肉が多く野菜が少ない現代の食生活では、腸内の環境が悪くなりやすくお通じにも影響が与えてしまいます。便秘薬を飲まずに自然なかたちで便秘を解消するためには、この腸内環境を改善してあげましょう。それには乳酸菌が一役買ってくれますよ!

 

腸内環境の悪化が便秘を引き起こす

 

毎日スッキリと気持ちの良いお通じができているといえる人ってとっても少ないですよね。快便だった日は、その日一日気分良く軽やかに過ごすことができます。

 

しかし、便秘すると頭はすっきりしない、肌アレする、お腹ぽっこりガスが溜まるなど、ろくなことがありません。できれば毎日快便でありたいですね。

 

便秘とは、腸の機能が低下していることと便を押し出す蠕動運動が弱いことが原因で引き起こされます。腸がカギを握っているのです。腸の中には、善玉菌と悪玉菌などたくさんの菌が存在しています。

 

善玉菌が優勢であれば、腸内環境も良くて腸もスムーズに働くのですが、悪玉菌が増えると、いっぺんにその環境は破壊されます。悪玉菌を増やすものは、動物性たんぱく質や脂肪、白砂糖、添加物、化学物質などです。これから腸に入ってくると、腸内が腐敗し有害物質が発生します。この状態では腸の機能は弱まるばかりです。

 

そこで大事なのが、腸内を掃除してくれる善玉菌を増やすことです。野菜や果物などに多く含まれる食物繊維や、味噌、ぬか漬け、ヨーグルトなどの発酵食品が善玉菌を増やしてくれるのです。

 

今和食がブームで、日本食材にも大変注目が集まっていますが、日本の発酵食品は味をよくするだけでなく、腸の機能も高めてくれる大きな力を秘めています。

 

その中でも、日本人ならやはりお味噌汁ではないでしょうか。お味噌汁は、野菜や海草など食物繊維も同時に摂取できる、まさに腸内環境を整えてくれる素晴らしい食べ物です。

 

便秘は万病のもとと言われているほど、やっかいな症状です。食生活を見直し改善し解消していきましょう。水分補給と腸内環境を整える成分が入っている便秘専用のお茶も販売されています。

 

⇒ 便秘に効果的な乳酸菌サプリはこちら

 

便秘解消する為の乳酸菌とその種類

 

胃腸の健康が損なわれると、どうしても体調管理面でもうまくいかない事が多くなります。そんな健康を気にする方にとっては、便秘は一番気になる症状の一つと言っても良いでしょう。便秘そのものが病気な訳ではないのですが、便秘によって食物の消化が阻まれ、それが病気に繋がる事も多々ある事なのです。

 

便秘は女性・男性を問わず起こすものなのですが、ホルモンバランス、自律神経の乱れなどの影響で女性のほうが圧倒的に悩んでいる人が多いのです。

 

最近は便秘を解消する為の乳酸菌がよく販売されています。しかし、何も考えずにただ乳酸菌などを摂取しているだけでは、なかなか便秘の改善には至りません。

 

善玉菌を増やす乳酸菌

 

乳酸菌には様々な働きをする物がありますが、その中でも善玉菌という胃腸を整える物が多いのが特徴です。さらに、乳酸菌の種類は莫大な数ありますが、自分の体調に一番合うものを摂取するのも効果的な方法なのです。また、乳酸菌はそのままではとても弱く、胃腸に届く前に機能が失われる物も多くあります。

 

ですから乳酸菌の種類や特性を確かめた上で、胃腸にまで到達する種類の物をなるべく選ぶ事がベストなのです。BE80株やBB536株、シロタ株などは胃腸まで到達する乳酸菌としても知られています。さらに、LB81乳酸菌は便秘を改善する事に関しては効き目があると言われています。

 

この他に乳酸菌には整腸作用やアレルギーの予防など、様々な効果がありますので、便秘の予防と並行してさらに健康への効果を得る事ができます。もちろん、このような乳酸菌のサプリメントを摂取する事は重要な事ですが、食事から乳酸菌を摂取する事も便秘の予防の為には必要な事です。

 

ヨーグルトなどはよく知られている乳酸菌ですが、漬物などの発酵食品や、日本では大豆加工品を熟成させた醤油や味噌にも含まれているのです。ですから、サプリメントと一緒に、このような乳酸菌の入った食物を一緒に摂取していく事が、やはり便秘の予防には有効なのです。

 

⇒ 便秘に効果的な乳酸菌サプリはこちら

 

乳酸菌・ビフィズス菌の効果

 

乳酸菌やビフィズス菌の効果というとやはり一番に思いつくのが腸内環境を整える、便秘解消があげられますよね。乳酸菌はそれ以外にも健康へのよい効果がいっぱいなんです。

 

人の腸の中には多くの種類の腸内細菌が住んでいます。100種類以上もあるとされているこの菌は、もちろんすべてが健康を守ってくれる善玉菌ではありません。

 

善玉菌の逆に健康被害を与える可能性もある悪玉菌や、どういった働きをしているのはわかっていない菌も存在しています。

 

みなさんがご存知の通り、この悪玉菌が増えてくると腸内環境が乱れて健康によくない影響が出てくるのです。

 

乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌を増えるように働き便秘や下痢などをしないように調整してくれます。

 

腸は人間の体にとって外界からのウイルスなどが入らないようにするフィルターでもあり、健康のためにとても重要なのですが、腸内の環境が悪くなってくると便秘、下痢以外にも病気を引き起こしたりもします。

 

良く知られているところでは花粉症、鼻炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー、癌、コレステロール値の悪化、免疫力の低下などがあります。腸内環境が整って働きが良くなればこれらの病気、症状も予防、改善される可能性が高いのです。

 

乳酸菌はインフルエンザにも効果が!

 

最近では乳酸菌が免疫力を高めるということでインフルエンザの季節になるとよく話題として取り上げられることがあります。インフルエンザの予防には日ごろから乳酸菌を取っておくことが必要です。

 

ウイルス、病原体が体内に侵入してきた場合に感染を防ぐNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きを良くすることで感染の予防になり、またもし罹ってしまっても重症化しないなどのメリットがあります。

 

便秘解消するだけでもデトックスなどいろんな健康効果は期待できますが、もっと健康的な生活を送るためにも積極的に乳酸菌を取るようにしたいものですね。

 

⇒ 便秘に効果的な乳酸菌サプリはこちら

 

乳酸菌と食物繊維で便秘解消パワーアップ!

 

便秘解消のために乳酸菌と同じくらい人気のある成分というと食物繊維がありますよね。この食物繊維はほとんど消化されないために大腸壁を刺激するので便意が起こりやすくなるといわれています。

 

食物繊維で便秘解消しようとすると1日に20g程度は取らないといけません。そして、注意点としては水を吸収する力が強いので水分を多くとらないと逆に便秘になってしまうという事があります。

 

乳酸菌 + 食物繊維で相乗効果が!

 

この食物繊維ですが実は乳酸菌にもいい影響を与えてくれるのです。食物繊維は腸の中では乳酸菌のエサになってくれるのです。エサが増えたことで乳酸菌はどんどんと仲間を増やしていきます。

 

野菜を食べないと便秘になるというのもこういった流れを阻害されてしまっていることも1つの要因です。肉中心のタンパク質、脂質が多く食物繊維が少ない食生活ですと乳酸菌のパワーを増やすことができないんです。

 

乳酸菌で便秘解消する場合には食物繊維の多い食べ物を食べるようにしていくとさらに便秘になりにくく、便秘解消にも早く効果が現れますよ。

 

食物繊維の多い食べ物

  • 大豆、おから、納豆(全部、大豆ですが・・・。)
  • 海苔
  • りんご
  • サツマイモ
  • さやいんげん
  • かぼちゃ
  • 牛蒡
  • 干し大根

 

⇒ 便秘に効果的な乳酸菌サプリはこちら

 

幼児の便秘にも乳酸菌!

 

幼児の便秘に悩んでいるお母様方は多いと思います。小さい子供の痛がる姿は見ていてとてもつらいですよね。早く便秘解消できるようにしてあげましょう。治すためには、便秘の原因を探ってみることが大切です。食生活や生活リズムを考えてみると、便秘を引き起こしてしまっていた原因が分かってくることがあります。

 

野菜嫌いな場合
野菜を食べないと食物繊維が不足します。食物繊維は便の通りを良くするので、食物繊維が豊富な食品を摂取するとよいです。

 

少食の場合
食べる量が少ないと、必然的に便の量も減ってくるのです。できるだけ、三食きちんと食べるように心がけてみましょう。

 

水分不足
水分を沢山取らないと、便が硬くなります。硬くなると、出すことに痛みが出てきます。こうなると、トイレに行くのを嫌がってしまうので悪循環です。親や周りの人がこまめに水分補給を促す必要があります。

 

運動不足
幼児にとっては、運動も大切です。運動することで、腸の働きにも作用します。子供は腹筋がまだまだ弱いので、体の成長の意味でも運動は必要です。大人でも、旅の移動中などは便秘になることが多いですよね。

 

幼児の便秘の原因となるものは、いくつかありますが見落としがちなものが水分不足です。1日にどのくらいの水やお茶などの水分を取っているか数日、測ってみるといいですね。思いのほか少ないことがあります。

 

便秘になる原因を取り除いて小さいうちに、トイレに行くことを習慣づけすることが大切です。小学生になるまでに、排便のリズムをつけてあげましょう。朝、起きたら出なくてもトイレに座らせる。小さい子供を毎日トイレに促すのは、大変だと思いますが、毎日トイレに座ることで子供の気持ちにも変化があります。

 

トイレの時間を親子で歌を歌ったりと、苦痛にならないように対処してあげて下さい。しかし、どうしても便秘がちな体質という子がいるんですよね。大人でもそうですが生活や食習慣を変えても解消できないとこともあります。

 

当サイトでおすすめしている便秘解消方法に乳酸菌!ということなんですが、乳酸菌サプリは子供にも安心して使えるのでいいですよ。食の細い子でもたっぷりの乳酸菌を摂ることができます。早く、便秘を解消してあげたいですね。

 

ただ、3歳よりも小さいお子さんの場合はうまく飲み込めないという問題があります。その場合は飲み物にも混ぜたり、料理にも使えるオリゴ糖が便利です。⇒赤ちゃんもOK!安全なオリゴ糖

 

⇒ 便秘に効果的な乳酸菌サプリはこちら

 

乳酸菌いっぱいのキムチで便秘解消

 

韓国では毎日というよりもそれ以上に、毎食食べるとされるキムチ。皆さんも食べたことがありますよね。スーパーでもたくさん売られているので、簡単に手に入るものです。そんなキムチが便秘に良いというのはご存知でしたか。

 

キムチと言えば、発酵食品ですから乳酸菌がたくさん含まれています。乳酸菌の役割は「お腹の調子を整える」ということです。この乳酸菌がなぜそういわれるのかというと、便というのは、固形ですが、水分が含まれているものです。

 

その水分が少ないと、便秘になったり、いわゆる「うさぎのふん」のような便しか出ないのですが、この乳酸菌が、便に含まれる水分量を整えてくれる働きがあるのです。ですから、便の水分が足りないなという時には、吸収した水分をキープしてくれて、便に水分を徐々に与えてくれるのです。

 

逆に、お腹を下している時にも、この乳酸菌が良いとされるのは、水分量が多すぎる時には、それを適度な水分量にしてくれるという働きがあるからなのです。そんな乳酸菌を含むキムチは便秘解消にとても良いです。

 

しかも、白菜やきゅうり(オイキムチとして売られているものです)というのは水気をたっぷりと含む野菜ですから、体の中に水分をさらに取り入れてくれる効果があるのです。また、キムチには唐辛子が含まれていますよね。その唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれていて、これは脂肪を燃焼してくれるものです。

 

体を温めたりもしてくれ、さらにはこれが便秘解消の効果があるということで、このキムチという食材は、ダブルにもトリプルにも便秘解消効果がある食材だといえるのです。しかし、食べ過ぎは体に良くありませんから、1度にたくさん食べるのではなく、分けてちょっとずつ食べるようにしてください。

 

⇒ 便秘に効果的な乳酸菌サプリはこちら

 

便秘解消の体験談

 

食物繊維と乳酸菌でお腹の調子がよくなった(るいさん・31歳)
便秘に悩まされている人は多いと思いますが、私もその一人です。以前、胃を悪くして病院にかかったところ、便秘も原因の一つになると言われて、便秘薬を処方してもらいました。水をたっぷり飲むようにと言われてそのとおりに飲んだところ、激痛が。

 

いくら便秘が解消されても、あの激痛に耐えるのは無理ですし、そもそも体にいいとは到底思えません。結局私が辿り着いたのは食物繊維と乳酸菌を一緒にとることでした。とはいえ毎度の食事で食物繊維を意識して取ることは難しいので、手っ取り早くですが野菜ジュースで補うことにしました。

 

しかしこれが結構効果があります。特に普段から野菜不足、栄養不足を実感している人ならば、手軽に飲める野菜ジュースはおすすめだと思います。もし自分で野菜とジューサーを用意できるのなら、自家製生野菜ジュースを作ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

それに加えて私は乳酸菌の多いという種類のヨーグルトを朝食にしています。ヨーグルトを食べるようにしてからは便秘だけでなくお腹の調子全般が安定してよくなった気がしています。どちらも色々な味が出ていますから、食物繊維の含有量はもちろんですが、長く続けられるものを選んだほうがいいです。腸内環境を整えて、食物繊維と乳酸菌を補う、という今のスタイルが、私に合っているのだと思います。

 

便秘の解消方法っていろいろ(ナツさん・38歳)
私の便秘解消法は、ヤクルトを毎日飲むことです。今までたくさんの食べ物で試してきましたが、一番よく効いたのはやはりヤクルトです。食物繊維が多いと言われるバナナやキャベツ、ゴボウにさつまいも、ヨーグルトなどたくさん食べましたが、あまり効果がある食べ物はありませんでした。

 

以前からヤクルトは飲んでいたのですが、毎日切らさずに飲むことはありませんでした。しかし、毎日きちんと飲み続けることで、腸の調子がよくなり、快便へとつながりました。あとは、水分補給が大切だと思います。冬は特に意識して水分をこまめにとらないと、便秘につながります。

 

そして、朝のちょっとした体操も腸を活発にしてくれる手伝いをしてくれます。実は子供も頑固な便秘もちで生まれた時から今までずっとです。子供は何を食べても、体をたくさん動かしても全く便が出ることがなく、浣腸したりしていました。そのたびに泣くので、かわいそうに思い、病院へと駆け込みました。

 

処方された薬は酸化マグネシウムだけでしたが、ずいぶんスムーズに3日おきくらいに便が出るようになりました。子供と大人の便秘はまた少し違うのかもしれませんが、体によいことを続けていくことが大切だと感じました。

page top